【読書感想】9つの性格~エニアグラムで見つかる「本当の自分」と最良の人間関係~

読書感想第一弾です!
今回は『9つの性格 エニアグラムで見つかる「本当の自分」と最良の人間関係をご紹介します。
ちょうど人事異動により、職場の人間関係に悩んでいた自分にとって、大変ためになる本でした。
読書好きに方にはぜひご一読していただきたいと思います。

特にこんな本を求める方におすすめです。

  • 人間関係に悩んでる人
  • 自分らしい生き方を模索している人
  • 性格診断に興味のある人

それでは、本の紹介と感想に移ります。

目次

どんな本?

「9つの性格」は日本で初めてエニアグラムを紹介した鈴木秀子氏による代表作です。
エニアグラムとは、以下のような人間学です。

「人間は9つの本質の中の一つを与えられて、この世の生を受ける」

この本ではエニアグラムの概要、9つの性格の特徴や囚われ、さらに人間関係を変革するための具体的な方法を解説しています。

自分自身を知り、自分と違う他者を知ることは、人間関係を改善するために重要な要素です。

人間関係で悩んでしまう時、自分と他者との価値観・行動・コミュニケーションの違いが原因となるケースが多いと思います。

こういった原因を解消するためには、自分と他者との違いを理解することが大切です。
そして違いを理解するためには、9つの性格の特徴を掴んでおくことが、とても効果的であると考えます。

あなたの本当の性格が見つかる

エニアグラムでは、人間は以下の9つの性格のうち、どれかに必ず当てはまると考えられています。

  1. 完全でありたい人
  2. 人の助けになりたい人
  3. 成功を追い求める人
  4. 特別な存在であろうとする人
  5. 知識を得て観察する人
  6. 安全を求めて慎重に行動する人
  7. 楽しさを求め計画する人
  8. 強さを求め自己主張する人
  9. 調和と平和を願う人

初めに自分がどのタイプに該当するのか判断するために、いくつかの質問が投げかけられます。
そして、そのタイプだった人の思考パターンが説明されています。

次に、それぞれの性格が良い傾向に出た時と、悪い傾向に出た時の行動パターンが説明されます。

私自身は、タイプ5に該当することを自覚しました。
タイプ5も特徴は以下のような感じです。

  • 知識をつけることで空虚さを埋める
  • 大勢でいるより1人の時間を楽しむ
  • 熟考してから行動する
  • 自分の感情から距離を置く

ほとんどの項目が当たっていると感じましたね。
もともと1人の時間が好きという自覚はありましたが、この本を読むことで、なぜ1人になりたがるのか、より深いところまで追求できるようになりました。

人間関係を変革させる

この本の素晴らしいところは、9つの性格それぞれの思考や行動パターンを理解して、自分自身を知り、さらに他人の気持ちを理解できるようになることです。

他人の思考や行動パターンが、自分と大きく異なっているために、人間関係においてストレスを抱くケースは多いと思います。

  • 「この人はなぜこんなことで怒るのか」
  • 「この人はなぜこんな浅はかな行動を取るのか」
  • 「この人はなぜこんなに口が軽いのか」

職場・学校・家庭において、そんな思いを抱き、悩んだ経験はありませんか?

自分だったらこう考える、あるいはこう動くのに、あの人はなぜ違う考え方をするのか、なぜ自分の思った通りに動いてくれないのか。
性格の違いによって、こういった悩みを抱えるケースは非常に多いです。

しかし、人間は9つの性格に分かれています。
9つの性格は、それぞれが独自のコミュニケーション手段をもっているため、異なる性格の人から見れば、コミュニケーションギャップを抱いてしまうのは当然のことと述べています

大切なのは「違いこそ豊かさ」と認め、相手の心に届くコミュニケーションと、思いやりのある交流を心がけることなのです。

まとめ

エニアグラムという学問は、本書を読んで初めて知りましたが、9つの性格の説明を読むと、確かに人間は9つのうちのどこかしらに当てはまっているように感じました。

人間関係に悩んでいる人、自分自身を知り、人間関係を変革したいと思っている人は、ぜひ一読してみることをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次