副業Webライターの収益(2021年5月)

こんにちは、いのふみです。
副業Webライターを始めて10ヶ月が経ちました。

5月はゴールデンウィークがあったので、いつもより執筆量を増やせると思っていましたが、あいにく前半は仕事が少なく、ランサーズやクラウドワークスで新規案件に応募する日々が続きました。

前月の収益を下回るかなと思っておりましたが、中旬あたりから仕事が一気に入り、結果的には過去最高額を更新しました。

仕事がなくても自分を安売りすることなく、文字単価2円以上の案件に絞って応募したことが、収益アップに繋がったと感じています。

目次

2021年5月の収益

5月の収益は以下の通りです。

2021年5月収益:64,993円

ここ数ヶ月は5万円前後で推移していましたが、ようやく6万円代に入ることができました。

4月は本業のほうで部署異動があり忙しかったのですが、5月はだいぶ落ち着いてきたため、精神的に余裕を持てたことがプラスに働いたと思います。

※過去の収益の推移は以下より確認できます。
2020年8月~2021年3月までの収益
2021年4月の収益

収益の内訳

5月は、ランサーズ、クラウドワークス、カカセルエディター、ライターステーションの4つのクラウドソーシングサイトから得ました。

特に今回はクラウドワークスから不動産関係の記事を受注できたのが大きかったです。
ゴールデンウィーク前に新規案件への応募をたくさんして、月に中旬頃に執筆依頼が舞い込んだ感じです。

ランサーズでも応募はしていましたが、こちらはほとんど通らず…。
個人的な感想ですが、ランサーズでは実績豊富な不動産専門ライターさんが多く、私ごときが普通に応募しても、高単価案件を受注するのはかなり難しいと感じました。

今まではランサーズをメインにしていましたが、これからはクラウドワークスも積極的に活用したいと思います。

カカセルエディターでも文字単価2円の案件を複数受注できたので、効率アップに繋がりました。
応募しても通らないことが多いうえ、未経験のジャンルがほとんどで、ハードルは高いのですが、高単価の案件が多いので、これからも活用していきたいと思います。

まとめ

ここ数ヶ月は月5万の壁をなかなか超えることができなかったので、5月は飛躍の月になったと感じています。

6月は以下の2点を目標にします。

  • クラウドソーシングだけに頼らず直接契約を獲得すること
  • 月10万を達成すること

現時点では継続案件を獲得できたおかげで、かなり良いペースで進んでおり、月10万は達成できるのではないかと考えています。
ではまた。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次