「宅建業法」は得点源?法改正のチェックが大切!

回は宅建試験で最初に出題される科目である「宅建業法」の解説をします。
宅建試験日まで、残り1ヶ月半ほどですね。
すでに仕上げ段階に入っている人もいるかもしれませんが、今一度、確認の意味で本記事を読んでいただけますと幸いです。




目次

宅建業法とは?

宅建業法とは「宅地建物取引業法」という法律に関する知識を問う科目です。

宅地建物取引業法とは、宅地建物取引に関して免許制度を実施し、その事業に対し必要な規制を定めた法律のことです。

宅建業者は不動産という高額な商品の取引を專門とするため、十分な知識を持っていなければなりません。

そこで不動産の購入者を利益を保護することを目的に、1952年に制定されたのが本法律です。

したがって、宅建業法の問題では「購入者を利益を保護」することが目的であることを踏まえて取り掛かると、答えを出しやすくなるでしょう。

宅建業法の攻略法

では、宅建業法の具体的な攻略法を解説します。
宅建試験において得点源とされる科目なので、取りこぼしはないように注意しましょう。

宅建業法の問題数と目指すべき得点

宅建業法の出題数は20問です。
宅建試験の問題数は50問なので、つまり全体の4割がこの科目から出題されることになります。
出題数の多さからして、重要な科目であることがわかるでしょう。

宅建試験の合格を目指す場合、20問中18問程度の正解を目標としましょう。
可能であれば全問正解しておきたいところです。

かなりシビアな目標になりますが、少なくとも8割程度は取っておかないと、合格するのは厳しいと考えておいたほうが良いです。
他の科目と比較すると、宅建業法は簡単な問題が多いため、ここで得点を稼いでおかないと、他で挽回するのが難しくなってしまうからです。

とはいえ、近年は引っ掛け問題や、重箱の隅を突くような問題も増えているため、注意深く問題を読まないとミスを犯してしまう可能性があります。

宅建業法の問題の傾向

宅建業法は暗記で乗り越えられる問題がほとんどです。
応用力よりも、単純に覚えているかどうかを試される問題が多いので、記憶力が良い人は得意科目にできるでしょう。

宅建業法の次に出題される「権利関係」の科目においては、応用力を試される問題も多く、暗記だけではなかなか乗り切れないのですが、宅建業法においてはその心配はありません。

特に重要なのは以下の4つの項目なので、これらを重点的に勉強することをおすすめします。

  • 重要事項説明書(35条書面)
  • 37条書面
  • 自ら売主制限(8種規制)
  • 免許

最初にテキストを読んで覚えようとすると、内容が多すぎて何から手をつければ良いのかわからなくなるかもしれません。
そのため、テキストを読みつつ、過去問や問題集を同時に解き、どういった問題が出るのか、大体のイメージをつかんでから勉強することをおすすめします。

宅建業法のおすすめの勉強方法

宅建業法を勉強する際は、以下の方法をおすすめします。

  • 過去問による対策
  • 試験対策用アプリを使用
  • まとめノートを作成

過去問による対策は、すべての科目において有効ですが、特に宅建業法では過去問の類似問題が多く出題されやすい傾向にあります。
5~10年分の過去問をしっかり行っておけば、確実に点数が伸びていくでしょう。

スマホなどで利用可能な試験対策用アプリの利用も、高い効果が期待できます。
過去問対策用、一問一答など問題形式のアプリは数も豊富であり、暗記問題の対策には最適です。
通勤電車や移動時間など隙間時間でこうしたアプリを上手に活用すれば、効率的な勉強ができるでしょう。

テキストを読みつつ、自分なりのまとめノートを作成する方法もおすすめです。
テキストも読んでいるだけだと、その時は理解できれも、すぐに忘れてしまうケースが多いのですが、実際に手を動かしてノートに書き込んでいくことで、記憶に定着しやすくなります。

ただし、まとめノートを作成する場合、テキストの丸写しはしないように気をつけてください。
テキストの丸写しをしてしまうと、書いただけで満足してしまい、後で読み返すことはないでしょう。
あくまで要点のみがまとめるつもりで取り掛かるようにしてください。

効率を重視するなら通信講座がおすすめ

以上は独学で勉強する方法ですが、効率的に勉強して合格したいと考える方には、通信講座の利用がおすすめです。
以下に紹介するオンライン資格講座「スタディング」は、忙しい社会人におすすめな通信講座です。

スマホやパソコン、タブレットを利用して、ちょっとしたスキマ時間に学習できる点が魅力で、価格も資格講座の中ではかなり安価です。

無料お試し期間もありますので、通勤時間や昼休みなど利用して、効率よく勉強したい方は、検討してみてはいかがでしょうか?

まとめ

以上、宅建業法の攻略法を解説してきました。
宅建試験の科目の中では難易度は低く、得点源とされているので、満点に近い点数を取るつもりで臨むようにしましょう。

本記事が宅建資格合格を目指す方の一助になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次