宅建は副業に活かせる?Webライターで活用する方法を中心に解説

宅建試験に合格したけれど、仕事であまり使い道がない。
せっかく努力したのに、給料も会社の評価も上がらなかった。
宅建を副業に活かす方法はないかなぁ?

頑張って宅建を取得したものの、思っていたほど資格が役に立つ場面がなく、そんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

せっかく努力して取得した資格を有効活用できないのは、もったいないことですね。

しかし、宅建は需要の高い資格なので、副業として活かす方法がたくさんあります。

そこで今回は宅建士ライターとして活動している私が、Webライターを中心に宅建を副業で活かす方法について解説します。




目次

宅建を活かせる副業とは

はじめに宅建資格を活かせる副業の種類を3つ紹介します。

独占業務の代行

不動産会社から委託を受け、「週末宅建士」として重要事項説明などの独占業務の代行をする方法です。

具体的には、宅建の有資格者にのみ認められている以下の独占業務を行います。

重要事項説明(35条書面)
重要事項説明書への記名・押印
契約内容記載書(37条書面)への記名・押印

不動産会社が取引を行う際に必須となる業務なので、これらの業務を行う権利をもつ宅建士の需要はそうそう減ることはありません。

特に物件の取引が多い1月~3月は、宅建士が不足しがちなので、サラリーマンとして働く傍ら「週末宅建士」として副業する方が増える傾向にあります。

近年では法改正により、ビデオ会議システムを利用した「IT重説」が可能となり、リモートや在宅でも重要事項説明を行えるようになったため、宅建の有資格者が副業しやすい環境になっています。

資格講座の講師

宅建資格は毎年20万人以上の受験者がいるため、資格講座は大変人気があります。

資格を所持している方であれば、こうした講座の講師を副業として行うことも可能です。

宅建の専門学校に通う方は社会人が多いので、講座は夜間や土日に行われることが多くなっています。

平日、本業が終わった後や休日に実施可能であり、リモートや在宅でも可能な場合も多いため、サラリーマンの副業に適しているといえるでしょう。

Webライター

宅建の知識を活かして、副業Webライターとして活動する方法です。

Webライターを始めるのに資格は必要ありませんが、単価の高い仕事を獲得すためには専門知識や資格の有無が大きな影響を与えます。

特に不動産分野は比較的単価が高い記事が多く、宅建士の資格を活かして不動産専門ライターとして実績を積み上げていけば、本業の時給を上回るほどの収入を得ることも可能です。

宅建の知識を活かせる記事の種類としては、宅建資格の学習方法、不動産売買、住宅ローン、不動産に関わる税金、相続などの解説記事があげられます。

また近年、不動産投資・土地活用に関する記事の需要が高くなっていますが、こうした記事は宅建で学んだ知識のみでは不足することがあります。

しかし、宅建試験に合格できる力がある方であれば、自分なりに勉強して慣れていけば十分対応可能な範囲なので、ぜひ積極的にチャレンジしていきましょう。

なお、Webライターの始め方や不動産ライターの特徴は、以下の記事で詳しく解説していますので参考にしてください。

宅建士×Webライターのメリットと注意点

宅建とWebライターは本当に相性が良いのでしょうか?
実際に宅建資格を活かして副業ライターを始めた私自身の経験を踏まえつつ解説します。

宅建士×Webライターのメリット

宅建士とWebライターには以下のメリットがあります。

高単価の仕事を獲得しやすい
執筆だけでなく監修や校正を担当できる
自己肯定感がつく

Web上の記事では執筆者や監修者の情報を公開するケースがありますが、権威性の高いライターが執筆した記事である場合、SEO的に有利に働くといわれています

ここでいう「権威性」には、記事を執筆・監修したライターの実務経験や専門資格の有無が大きな影響を与えます。

したがって、宅建士のような専門資格の所持者が記事を担当すれば、それだけで有効なSEO対策になります。

また、専門知識を活用して記事執筆をすることで、自己肯定感が得られる点も重要です。

特に努力して宅建を取得したにもかかわらず、資格を仕事に活かせず、会社から評価されずにもどかしい思いを抱いている方にはおすすめです。

宅建士×Webライターの注意点

宅建士はWebライターの仕事と相性の良い資格ですが、これから始めたいと考えている方は、以下の注意点を踏まえておきましょう。

実績が少ないと高単価の案件は獲得できない
SEOやライティングスキルを学ぶ必要がある
一定のコミュニケーション力が要求される

Webライターが高単価の仕事を獲得するために最も大切な点は、ライターとしての実績をつけることです。

そのため、いくら宅建士の資格を所持していたとしても、初心者の方はまず単価の低い案件を受け、実績をつけることからスタートしなければなりません。

また、WebライターはWeb上の文章を書く仕事なので、ライティングスキルが要求されるほか、SEOの基礎もある程度は知っておく必要があります。

Webライティングの基礎知識を学ぶには「沈黙のWebライティング」を一読することをおすすめします。

実際に記事の執筆を進める際は、クライアントとのやり取りが発生します。

主にメールやチャットによるやり取りになりますので、こうしたツールを用いたWeb上のコミュニケーションに慣れておくことも大切です。

まとめ

宅建資格を取得するためには、合格率15%程度に試験に受かる必要があります。

試験は年1回しか行われず、毎年20万人近くが受験しているため、今も合格を目指して必死に学習している方も多いでしょう。

しかし、宅建士を取得しても仕事に活かすことができず、そのまま放置していれば、せっかく覚えた知識もいつか忘れていってしまうでしょう。

今回ご紹介した副業は、宅建資格さえあれば誰でも実現可能な仕事なので、資格を活かせていない方はチャレンジしてみることをおすすめします。

特にWebライターに関しては、本ブログでも詳しく解説していますので、他の記事もぜひ参考にしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次