「法令上の制限」が頭に入らない!おすすめの勉強方法を紹介

今回は宅建試験「法令上の制限」の解説をします。

「法令上の制限は専門用語が多すぎて、なんだか取っつきにくいなぁ」
「用語が複雑だから頭に入らない。一度覚えてもすぐに忘れてしまう」

法令上の制限は初めて聞くような専門用語が多く、そんな悩みを抱く人も多いでしょう。

私自身も最初は取っつきにくい印象を受け、テキストを読んでもなかなか頭に入らず、投げ出したくなったことがありました。

しかし、慣れてしまえば実は簡単で、宅建業法と同じく得点源にできる科目なんです!

本記事で法令上の制限の出題傾向や勉強のポイントを解説しますので、ぜひ参考にしてください。

忙しい社会人には「スタディング宅建士講座」がおすすめです!

スマホやタブレット、ノートパソコンなどに適した教材を提供しているため、スキマ時間を有効活用した学習が可能です。

今なら本試験の出題予想論点を一気に解説する「直前対策講座」が5,940円で受講できます。

宅建試験まで残り2ヶ月を切った今、ぜひ直前対策講座を受けて、試験に向けてラストスパートをかけましょう!

【5,940円】本試験の出題予想論点を一気に解説!

目次

法令上の制限とは?

法令上の制限とは、土地や建物のさまざまな制限に関する理解度を問う科目です。
街づくりに関する法律の知識が問われ、以下の6種類から出題されます。

  • 都市計画法
  • 建築基準法
  • 国土利用計画法
  • 農地法
  • 宅地造成等規制法
  • 土地区画整理法

どの法律も日常生活で関わることが少ないため、初めて聞く名前もあるかもしれません。

まずはそれぞれがどんな法律で、何を規制するために作られたものなのか、理解することから始めましょう。

法令上の制限の攻略法

法定上の制限の具体的な攻略法を解説します。
専門用語が多く取っつきにくい印象のある科目ですが、慣れてしまえば問題を解くのはさほど難しくありません。

特に国土利用計画法と農地法は得点源になりやすい分野なので、確実に得点しておきたいところです。
一方、建築基準法では難易度が非常に高い問題が出ることもあり、あまり深入りすると勉強のボリュームが大幅に増えてしまうので注意してください。

一番やっかいで覚えにくいのは、建築基準法の「用途地域の用途制限」だと思います。すべてを暗記するのは困難なので、重要事項をしっかり見極めましょう

法令上の制限の問題数と目指すべき得点

法令上の制限の出題数は8問です。
このうち、都市計画法に関する問題が2問、建築基準法に関する問題が2問程度あり、残り4問が国土利用計画法、農地法、土地区画整理法に関する問題なので、比較的各分野の問題が均等に出題されています。

宅建試験の合格を目指す場合、法令上の制限の問題8問中、6問程度の正解を目標としましょう。

宅建業法と同じく、暗記しているだけで答えが出せるタイプの問題がほとんどで、過去問の類似問題も多く出題されるため、勉強すれば確実に得点源にできます。

しかし、難しい専門用語が多いため、初めはなかなか頭に入ってこない点が、この科目のやっかいな特徴です。

法令上の制限の問題の傾向

法令上の制限は都市計画法と建築基準法からそれぞれ2問、その他の分野から4問が毎年出題されています。
問題の形式として、数値を当てるタイプの問題と、原則・例外などの知識を問う問題が多くなっています。

勉強の手順としては、初めに都市計画法をマスターすることおすすめします。
なぜなら都市計画法の知識がなければ、建築基準法や国土利用計画法などの問題に対応できないケースがあり、専門用語になれる効果もありますので、じっくり時間をかけて勉強するようにしましょう。

問題の難易度として、建築基準法は難解な問題が多く、時には捨て問と考えなければならない場合もある点を覚えておく必要があります。

一方、国土利用計画法、農地法は比較的易しい問題が出題される傾向にありますので、この分野で点数を落とさないよう意識することが大切です。

法令上の制限のおすすめの勉強法

法令上の制限を勉強する際は、以下の方法をおすすめします。

  • 専門用語を理解する
  • 暗記すべき点は暗記する
  • 過去問を何度も解く

法令上の制限においては、たくさんの専門用語が出てきますので、まず用語に慣れることから始めましょう。
また、宅建業法と同じく、法令上の制限も暗記問題が多いという特徴があるので、暗記すべき点はしっかりと覚えるようにしてください。

ただし、専門用語が頻出し数値を覚えるパターンが多いため、覚えるのが困難なケースがあるでしょう。
テキストを読んでいるだけではなかなか記憶に定着しないので、過去問を何度も解いて、アウトプット中心の勉強をしていくことをおすすめします。

なお、その他の科目の攻略法や目指すべき得点も解説していますので、ぜひご参照ください。

まとめ

以上、法令上の制限の攻略法を解説してきました。
宅建業法と同じく、暗記していれば解ける問題が多いので、得点源としておきたい分野です。

しかし、1~2問程度は重箱の隅を突くような問題も出るため、必ずしも満点を狙う必要はなく、簡単な問題の取りこぼしを無くすことのほうが大切です。
聞き慣れない専門用語が多く、初めは戸惑うかもしれませんが、繰り返し学習して慣れていきましょう。

もし効率的な学習をして、最短で合格したいと考える方には、通信講座の利用がおすすめです。
以下の記事では、忙しい社会人向けの通信講座を紹介していますので、ぜひご参照ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次